Cafe Saint-Loup de Varennes

サン・ルゥ・ド・ヴァレンヌ

カテゴリ:小さな物語( 7 )

君を見続ける

みんな、みんな僕を見ているよ・・・。

違ったよ・・・僕の勘違いだよ・・・みんな太陽を見ていたんだよ。
でもね、すぐに気付いたよ!スラリと背の高い君が、
右手を高く上げ、手を振っていたよ。
c0181134_2328010.jpg


枯れて、種が落ち、また来年の夏、
長い髪の君を探すことが出来るよ。

僕を見ていたのは君だよ。
僕も君を見続けるよ。
c0181134_23312257.jpg


ちょっとロマンチックな物語ですが、久々に夏らしい
蒸し暑い夜のせいです^^。

しかし、ヒマワリってのはパワーを感じる花だね!
[PR]
by yumaruna238 | 2009-08-05 23:29 | 小さな物語 | Comments(6)

くるりん

c0181134_22575376.jpg

この時期は、花のマクロ写真を撮るのが楽しいです。
写真をはじめた時、花の写真ばかり撮っていました。
花の色と形、命を感じます。
花の写真を撮っている時が、一番楽しいような気がします。^^

僕のフリッカーを良ければ見てください。
花の写真がいっぱいあります。
嬉しいことに、ある国の方から、
花を撮るkingだと称えられた事があります。
調子にのって、花を撮り続けます^^

  ↓
僕のFlickr



【小さな物語】
c0181134_22583045.jpg

●お前笑ってるけど、落ちそうじゃん!辛くね~?
■お前こそニヤニヤしやがって!落ちそうじゃん!
●つ~か、ウインクなんかしてんじゃね~よ!
■うるせ~な!落ちたら花が台無しになるだろう~!
●そうだな!頑張ろうぜ!^^
■おう!どうせ頑張るなら笑って頑張ろうぜ!^^
[PR]
by yumaruna238 | 2009-06-15 23:00 | 小さな物語 | Comments(2)

手洗い・ウガイ

先週、親不知を抜いた。
まだ少々顎が腫れている。
痛みは治まってきた。
ただ口の開きが鈍い・・・というか、大きく口を開こうとすると痛むのである。
食事もままならない・・・。
日曜に開催するクライミングの予選会、出場できるかな・・・?
c0181134_20124451.jpg

【ちいさな物語】
俺達も感染してるのかな~?
いつになったら外に出られるかな・・・・?

どちらにしても、
手洗いとウガイはしようね~!
[PR]
by yumaruna238 | 2009-05-11 20:13 | 小さな物語 | Comments(2)

大人の目線・子供の目線

【百合が原公園】
c0181134_2330171.jpg

定額給付金どう使おうかしら?
美味しいもの食べに行くとか~^^

c0181134_23304367.jpg

僕はゲームが欲しい・・・。
[PR]
by yumaruna238 | 2009-05-10 23:34 | 小さな物語 | Comments(3)

チューリップの家族

【小さな物語】
c0181134_1134038.jpg

「あれ~・・・・はぐれちゃったよ~~ どこ?どこ?」


c0181134_114334.jpg

「お~い!こっち こっち!^^」
[PR]
by yumaruna238 | 2009-05-06 11:06 | 小さな物語 | Comments(4)

いつも君を見守っているよ

【タイトルはこの花写真で思いつきました】
c0181134_17563329.jpg

口をとがらせて、話しているようですね~^^。

【佐伯祐三展】
c0181134_17572451.jpg

今日は、没後80周年記念 「佐伯祐三展」―パリに生き、パリに逝った画家の情熱―を見に行きました。
とてもワクワクしました。かっこいいのひと事!ほんとうにパリを愛していたのですね~。
どれも素敵な作品でした。

【4月30日 道庁赤レンガ前】
c0181134_17582477.jpg


佐伯祐三展の後、FUJI FILM PHOTO SALON SAPPOROに行き、
ハービー・山口さんの写真展、「青空を待っていた日」を見に行きました。
とてもショックを受けました。モノクロームの写真、人の表情、見れば見るほどその深さに触れ、足が止まってしまいます。ハービーさんの作品をもっと見たくなりました。

ハービーさんの作品を見て思いました。
ごく日常の喜怒哀楽、その表情、色、形など、その一瞬を捉えた写真を見れば、
良くも悪くも、「あの頃は良かったな~」とか、「あの頃はいろいろ大変だったな~」とか、
思い出させてくれるに違いない。
見ず知らずの他人の表情には、僕の知るはずもない人生があり、
その一瞬が、どれほどの過去なのかもわかるはずもなく、
それを想像するほど暇でもない。
でも、恋人同士であろう2人の写真で、お互いに笑顔である一瞬の写真を見ると、
素直に、この2人は幸せな時間を過ごしているのだと思いたい。
そして、それ以上を想像する必要はないと思うのである。
他人と同じ感情を持つ、同じ表情をする。ただそれだけ。
比較することなんかないのである。
ただ家族や大切な人達の一瞬は、後になりその共有した時間を一緒に振り返りたいと思う。

作品の中にいた見ず知らずの人の表情を見て、今日僕はそう感じたのです。
そう考えられた今日は、とても良い日でした。
それだけ、ハービーさんの作品が素晴らしいって事なのでしょうね。
[PR]
by yumaruna238 | 2009-05-01 17:59 | 小さな物語 | Comments(2)

また会えて嬉しい。

【4月30日 道庁赤レンガ前】

タイトルは・・・・チューリップのことです。
僕は、桜よりもチューリップが咲くほうがテンション上がります!^^
c0181134_2342739.jpg

チューリップの花壇、ほとんど蕾で咲いているのは1~2本程度。




c0181134_23422691.jpg

「ばんざ~い!嬉しいな!」って言っているように見えませんか?




c0181134_2342392.jpg

「この答わかる人?」  「は~い!」「は~い!」
[PR]
by yumaruna238 | 2009-04-30 23:41 | 小さな物語 | Comments(4)